不要品よさらば【不要品を効果的に処分する方法たち】

断捨離など

時期を選んで売るとよい

断捨離、という言葉をよく耳にすることがあります。使わなくなったものを自分の手元から断ち、捨てて離していくことで掃除がすすむ、ということですが捨てきれないものはたくさんあります。 例えば服。女性であればマイシーズン買うことが多く、昨年まで着ていたものはタンスのこやしになりがちです。そのような服を捨てるのはもったいないのでリサイクルショップに売りにいくとよいでしょう。1着10円ほどですが、まとめて売りに出せば少しお金になります。 その際、時期に気を付けましょう。今の時期であれば、服や小物、靴などの衣服類は冬物ではなく春物をリサイクルショップに売りに出すとよいです。季節関係ないものはいつでもよいでしょう。 あとは、ほこりがかぶっているものは拭く、服はきれいにたたむ、説明書や付属品があるものはつけると少し高く売れます。

意識することで高値になる。

服に関してですが、お店によっては季節に合わせた服しか受け入れてもらえないこともあります。2月から4月は春物の買い取り強化で、高く買い取ります、と謳っているリサイクルショップもあります。このような買い取り強化しているときに売ることで、たくさん買い取ってもらえ、よい値段がつきます。もし、シミや汚れが目立つために買い取ってもらえなくても無料で引き取ってもらえるリサイクルショップもあるので、自分で処分する手間がはぶける、という利点もあります。 もし家に使っていないものがあり、そらがまだ使える状態であるならば、捨てる前にリサイクルショップに持っていき売りに出すことをオススメします。意外なものが高値になることもあるからです。